image_20090112200441.jpg
お問い合わせはこちら★
http://keikohara.net/info.html
◆Amathus Mix (Amathus Music)
One hour syndicated radio show!!↓↓
◆Kei Kohara
Get Wild (TM NETWORK Tribute PV Mix)↓
◆ボーカロイドもやってます☆↓↓
◆Kei Kohara
Kei Kohara - Lonely Summer Girls 2014
(Original Mix) ↓ ◆ハードエレクトロハウスアルバム↓↓☆↓↓

プロフィール

KEI

Author:KEI
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

伊東さんのライブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ミックス中☆

今、某BGMを制作させて頂いており、某カリスマバンドのベーシストの方が弾いて下さるとの事(!)で、パンク系のバンドの方なのでストレート系のフレーズでやっていただけるのかと思っていて、さっきファイルが送られてきたら半端なくグルーヴィーでファンキーでめっちゃくちゃカッコよく、音もぶっとくて感動しておりました!!

いつもシンセでベースをやる時は音圧を出す為に、M/S処理というのを使い、サイドのベースの成分を全部なくします。(そうすると聴覚上の音量は変わりませんが、余分な帯域が削られるため、数dbベースを大きくできるのです)

ms.jpg

あと、サイドチェインを使って、なんというか、ボクシングで言うダッキングみたいな使い方で、ピークの音(主にキック)を避けてベースとぶつからないようにしたりしてるんですが、・・・僕は説明が下手なんで↓の動画がわかりやすいです。(黒のグローブをキックと思ってください。ダッキングして人がベースと思ってください。)


が、、本ベースは、元々太く、コンプとEQだけで、ズッシリとグイングインとグルーヴして凄いです!!!!

太い=音量を下げても聴覚上大きく聞こえるので、上記のような細かい小細工をしなくてもずーん!と来るんです・・。

う~~ん、言葉じゃ伝わらんかな・・・。

薄々感じていたことだけど、生楽器にはどう考えてもシンセじゃ勝てないよな~~・・・。

それより、当時コンプで音が揺れるんだよね~~ってクリエーター仲間で悩んでいたのに、今、あえてコンプでグルーヴを作る音楽が主流になっているというのも予想外ですね☆






スポンサーサイト

<< 3月18日ですね | ホーム | JAZZ制作中&クイズ >>


 ホーム