image_20090112200441.jpg
お問い合わせはこちら★
http://keikohara.net/info.html
◆Amathus Mix (Amathus Music)
One hour syndicated radio show!!↓↓
◆Kei Kohara
Get Wild (TM NETWORK Tribute PV Mix)↓
◆ボーカロイドもやってます☆↓↓
◆Kei Kohara
Kei Kohara - Lonely Summer Girls 2014
(Original Mix) ↓ ◆ハードエレクトロハウスアルバム↓↓☆↓↓

プロフィール

KEI

Author:KEI
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

伊東さんのライブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ゲージんラッパーはおつむがあんまりよろしくないもかも・・^^;

仕事の音楽制作の息抜きに、海外向けの過激なグライムトラック作ってて、FB友達とかのラッパーに頼むんだけど、高確率で、自分で2ミックス&エフェクト処理したファイルが送られてくることが多々・・・・。

で、素で送ってくれといっても、素は恥ずかしいのか、既に消したよ、ははは、的なメッセンジャーが来る事が多々・・・・。

で、役に立つのが、ボーカルリデューサーと、トランジェント。

まず、ボーカルリデューサーは、元のオケファイルと、2ミックスをこのソフトにぶっ込むことによって、ボーカルのみをかなりの精度で抽出できます。

でも、勝手に付けた空間系が残ってたりします。

その場合、トランジェントというADSRを調整するエフェクトが効力を発揮します。

まあ、この辺のサイトに載ってるFreeの物で十分でしょう☆
https://bedroomproducersblog.com/2012/01/05/bpb-freeware-studio-best-free-transient-shaper-vstau-plugins/

海外のFree VST商先サイトは、たまにウィルスが潜んでいたりするので、十分に注意を・・!!!

僕は慎重なので、アクセスする前に、ここで、チェックを行います。
http://check.gred.jp/

そのあとが、もらったボーカルの権利処理。

基本的に、著作権譲渡をとっぱらいで行うのですが、その中でも、著作権というものの中の、著作人格権というものは地縛霊のようにひっついて来て、本人が手放そうとしても離れません。

なので、とっぱらいで譲渡してもらうのは、著作隣接権に含まれる、複製権などの、ようは、自由に使っていいですよ、といった部分なのです。

ここで、例えば、お前はラッパーとしてのネームバリューないから、名前表記を2パックとかにしていい?って言って(まずありえないけどw)、ラッパーが了承しても、それは、著作権違反の中でも唯一の非親告罪である、著作者名称詐称罪になってしまうのです。

これは、なぜ親告罪が基本の著作権法の中でも、唯一非親告罪かというと、例えるなら、友達の時計職人に時計を作ってもらって、これ、パテックフィリップ製って事で出していい?って出したら、これ、偽物のブランド品を作って、第三者を欺いたという行為に該当し、了承した側も罪になってしまうのです。
(ちょっと前に話題になった某・さこうち事件がまさにこれです。)

あー、いかんいかん、ボーカル抽出の方法を書いていたら権利処理の話になってしもーた・・・。

で、僕は、某スペースシャワーのロイヤーの方に見て頂いた契約書を使いまわしております。

そう言ったモノはプロに頼んだほうが後々穴を突かれずに良いでしょう♪

では、Cubase起動して作業開始。

web1_20180210145936c09.jpg
スポンサーサイト

<< エラー!!!! | ホーム | いんたびゅー >>


 ホーム